遠隔ヒーリングとは?

遠隔ヒーリングとは?

遠方にいる相手に時間と空間を超えてヒーリングする事を遠隔ヒーリングと言います。
『いまヒーリングが必要だけれど、遠く離れていて駆け付けられない!』という時にも役に立つ、大変便利な方法です。

遠隔ヒーリングの特色

普通は対面で、目の前の方にヒーリングを行います。これを「直接ヒーリング」と言います。

それに対して、遠く離れた所にいる方のヒーリングをする事を「遠隔ヒーリング」と言います。

遠方にいる人に対してヒーリングするということは、常識を超えた出来事に思われます。しかしそうした常識では考えられないようなことが実際に起きるのです。

遠隔ヒーリングと直接ヒーリングの効果の違いは?

大半の人々は、セラピストが目の前の対象の方に直接的にヒーリングする方が効果があると考えるでしょう。

しかし実際には、遠隔ヒーリングでも効果を感じていただけることが多く、直接ヒーリングに劣るということはありません。

遠隔ヒーリングのメカニズム

「どうして離れた所にいる人をヒーリングできるのか?」という疑問を持たれるのはもっともです。

遠隔ヒーリングを可能にするには、セラピストから発した“エネルギー”を遠くにいるクライアント(受け手)に届けなければなりません。

私たちは3次元の物理世界で生きていますが、目に見えない意識やエネルギーは、3次元よりも高い次元の領域に存在します。
3次元世界では距離や時間の物理的な制限を受けますが、それ以上の次元では物理的制限を受けません。
ただ意識を合わせるだけで瞬時に行きたい場所へと自由に移動することができます。
ですので、エネルギーも意図した所に瞬時に送ることが可能なのです。

それを利用して行うのが遠隔ヒーリングです。

遠隔ヒーリングのメリット

受ける方にとって、いつでもどこでも時間と距離の制約がなく、遠隔ヒーリングが受けられるというのはとても大きなメリットでしょう。

一方、セラピストにとっても遠隔ヒーリングは、大きなメリットがあります。遠隔ヒーリングによって、直接ヒーリングよりも短時間に多くの施術をすることができます。
さらには「緊急でヒーリングしたいのに駆け付けられない!」という時にも対処できるため、歯がゆい思いをしなくて良いのです。

遠隔ヒーリングの効率的な受け取り方

遠隔ヒーリングを実際に受けるときに大切なことがいくつかあります。

  • リラックスする受け手にリラックスして受けていただくことがとても大切です。緊張していると受け取ることが難しくなっていきます。
    ゆったりとした深呼吸をしてリラックスするよう心掛けてください。しかし、リラックスというのは「リラックスしよう!」と思っても、なかなかできるものではありません。
    温かい飲み物を飲んだり、深呼吸やセルフマッサージ、ストレッチするなど工夫してみましょう。ちなみに寝てしまっても問題はありません。
  • 環境を作るできれば誰も入ってこないような部屋で、横になったり、椅子に深く腰かけたりしてリラックスできる環境を整えます。
    キャンドルを灯す、アロマの香りを焚く、心地よい音楽なども有効です。
  • オープンになる受け手の中の余分な思考を断ち切ることも重要です。「本当に効果があるのか?」「目に見えないものは信用できない」などの疑いや否定的な思いを手放し、ハートを開いて、すべてを委ねようとオープンな気持ちになれれば、効果的に受け取れるでしょう。

遠隔ヒーリングで起きる現象

人それぞれ受け取り方も感じ方も違います。

光が見える、映像のようなものが見える、自然と体が動く、何かが触れているような感触がある、なぜか涙が出てくる、メッセージを受け取るなどの体感をされる方もいます。

一方で何も感じないという方もいます。その場合も効果がないわけではありません。確実にエネルギーが流れています。

人によって受け取るタイミングはそれぞれなので、その時は実感できなくても、後から気付くこともあります。

安心して受け取ってください。

遠隔ヒーリングが終了した後は、多めのお水を飲んで、ゆったりとし、十分な睡眠をとってください。
涙や尿、ゲップなどは不要な物を手放しているために起こります。ですので、我慢せずにどんどん出しましょう。

また過去の嫌な感情が湧いてくることもあります。それも手放すために湧いているので、恐れたり、悲観することなく、ただ見つめるようにしましょう。

遠隔ヒーリングについて更に詳しい内容やご相談は、こちらのお問合わせフォームでお知らせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です