育ってきた家族と自分が作っていく家族

この前初めてパートナーと一緒に私の実家に行った。

彼は父と2人きりになった時、
渾身の質問(事前に考えておいたw)を繰り出した!

「ゆみこさんはどんなお子さんでしたか?」

父はその場では「明るくてよく笑う子だった」と答えたが、

その後いろいろと思い起こしてみたらしい。

そして出た答えが

「ゆみこにはよく驚かされた」

?!?!

そんなに驚かせたかしら??

まじめに生きてきた(というか不都合な事は伏せておいた)つもりだったのに

「心配させてもらいたいっていう気持ちもあるけど、
やっぱり心配はしたくない。

矛盾してるけど。」と素直な親心を聞かせてくれた。

私は根がまじめなもので、
「隠し事はいかん!」とか
「ホンネでぶつからねば!」って思ってたんだけど、
そうでもないのかなぁ。

(適度な距離感てやつだろうか)

我が親ながら、本当に良い人たちだなぁと思う。

『なんかよく分からない星に生まれちゃったけど、
良い人たちに育ててもらって
私ほんとラッキーだったわ〜

みたいなかぐや姫か桃太郎の心持ち?

育ってきた家族と自分が作っていく家族はニュアンスがちょっと違う気がする。

自分が作っていく家族は『同志』というのがしっくり来るのだが
皆さんはどうでしょうか〜??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です